田原酒造 雪鶴トップページ

雪鶴の歴史

酒林(杉玉) 創業は明治30年。
先代(四代目)与平は広島大学醸造科出身で技術畑。
早くより酒質の向上を第一の目標とし、当時新潟県酒造業界の名白楽と言われたたなか哲両氏に師事し、技術の研鑽に努めます。
高級酒を指向する中で既存の酒とのイメージ変換のため、昭和30年に入ってまもなく光の田中哲朗氏の命名で「雪鶴」を、当時としてはいち早く純米酒として販売し、高級酒多様化の方向へ進み出しました。今日新潟清酒が〝淡麗辛口"で表現される中「雪鶴」は
〝しっかり味のある辛口"と表現するのが的確なお酒です。


雪鶴の特徴

蒸米の放冷(冷却作業 雪鶴は口あたり柔らかやさしく、
酔い覚め爽快で体にやさしいお酒です。
特許製法による奇跡の日本酒。アルコールの吸収と分解をスムーズにし、悪酔いの因子の発生を限りなくおさえて、爽やかな酔い覚めを約束。
もちろん美味しい「新潟の地酒」です。
できあがりの麹 大吟醸麹つくり 発酵中のもろみ


雪鶴の優れた特徴